未分類

【ランナーvs湿度?!】湿度が高いと走りにくいのはなぜ…?

梅雨の時期、毎日むしむしと蒸し暑い日々が続いています…。

気温はそこまで上がっていないのに、なぜだか全然思うように走れないと実感している人も多いのではないでしょうか。実は、湿度とランニングは大きく関係していて、湿度が高いことがランニングのパフォーマンスを低下させているのです。

意外と知られていない、ランニングと湿度の高さの関係について解説していきます。

なぜ湿度が高い日は走るのがきついの?

ランニングをして身体の熱が上がると、汗になって発散させ身体を冷やす機能が動物にはあります。通常だと、その発汗した汗が気化して乾いていくものですが、湿度が高いとかいた汗が乾かない状況になります。

汗が気化される際には皮膚表面の熱が使われるので、そのおかげで体温が下がり身体の熱も発散されるのですが、汗が乾かないと思うように熱が冷めません。そのため、体内に熱がこもってしまいオーバーヒートすることでランニングのパフォーマンスが下がってしまうのです。

何とか身体を冷まそうと身体は通常よりも多くの汗をかくので、湿度が高いと通常よりもかく汗の量が多いのもそのためです。

気温が高いよりも湿度が高い方が危険!

 

熱中症は体内に熱がこもってしまうことで起きてしまう症状です。もちろん、日差しの強い炎天下でも起きますが、湿度が高い蒸し暑い日にも起こりやすいのです。

湿度が高く蒸し暑い日は、知らず知らずのうちに体内に熱がこもってしまい、汗も多くかいてしまうので熱中症になりやすいのです。

湿度が高いと、のどの渇きも感じづらいので、水分補給をマメに摂り損ねてしまうことも熱中症を引き起こす原因になりやすいので要注意です。

湿度が高い日のランニングの注意点と対策

湿度の高さは自然現象なので、どうしてもランナー側では変えられないもの…。

湿度が高い日のランニングには事前にしっかりと対策をして、少しでも身体の負担を減らせるように心がけましょう。ここでは、注意点と対策をご紹介します。

対策①吸湿性・通気性の良いウェアを着て走る

ランニングウェアにもさまざまなものが出ていますが、吸汗速乾性の機能を持つウェアだと書いた汗もすぐに乾くので身体にまとわりつく不快さも重さも感じにくくなります。

汗蒸れでウェア内に熱がこもることを防ぐためには通気性も重要視したい機能です。外気がウェア内に入りやすいかどうかも重要ですが、ウェア内の熱を外に逃がしやすいかどうかも大切になってきます。

UVカットができるウェアなども最近では多く出ています。

夏場に着たいウェアはぜひショップに出向いて手に取り、自分に合ったウェアを選びましょう。

【ヤノスポ スーパーセール 50%off】 ナイキ nike Dri-FIT マイラー ランニングTシャツ 半袖 レディース 女性【aj8122-664】陸上・ランニング用品

対策②汗をかいたらすぐに拭く

汗が皮膚の表面に付いたままの状態だと、熱が発散しづらく、体内に熱がこもったままの状態になってしまいます。湿度が高いとたくさんの汗をかきますが、こまめに皮膚の表面に付いたままの汗は拭きとるようにしましょう。

速乾性のあるタオルや、冷たく冷やしたタオルで拭きとることで少しでもオーバーヒートを防ぐように心がけましょう!

対策③こまめに身体を冷やす

身体には首や脇の下など、冷やすことで身体の熱が冷める箇所が多くあります。

湿度が高い中でランニングをすることで発散されずにこもってしまった熱を冷ますためにも、給水の時などにかぶり水をしたり氷を手にもつなどしてこまめに身体を冷やすことがおすすめです。

飲むための水以外に浴びてもよい水を用意しておきましょう。

対策④運動前後にしっかり水分を補給する

湿度が高いと通常よりも多くの汗をかきます。運動前も、運動中に脱水症状を起こさないように十分に体内に水分を溜めて走りましょう。

運動中もこまめに水分を摂り、運動後も発汗により失われた水分をしっかりと摂るように心がけましょう。

また、汗により出てしまったものは水分だけではなく電解質も一緒に出てしまっています。スポーツドリンクや経口補水液など電解質を多く含むドリンクで、身体のイオンを維持できるように意識して摂ってください。

created by Rinker
¥2,184
(2022/09/29 22:37:13時点 楽天市場調べ-詳細)

対策⑤無理にペースを上げ過ぎない

「あまり気温は高くないし走れるだろう…」と湿度が高い中で無理をして走ることは大変危険です。湿度の高さは、想像以上に身体に負担を与えて熱中症の危険も秘めています。

必ず無理をせず、冬場と同じようなペースで走ることは避けましょう。

夏場に思うようにペースを上げて走れなくても、冬になるときちんと身体が順応してくるので心配はいりません!

高温多湿時のトレーニングは無理せず対策を徹底しよう!

高温多湿の時期のランニングは走りにくく、汗も多くかきうんざり…。そんな中でもトレーニングを続けたい、真面目で頑張り屋さんはとにかく対策をしっかりして無理をせずにランニングを続けましょう。

天気予報で湿度がましになるタイミングを見計らって走りに出かけるのでも良いかもしれません。

夏場に走れなくてモヤモヤしてしまう人もいますが、夏場に思うように走れなくても問題ありません!気温が下がりランニングベストシーズンに入ると、きちんと身体が順応して動くようになります。

焦らず自分のペースでランニングを続けましょう!